読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハレノヒのわーずわーす

世界は今日も素敵で、未来はきっと明るいはず。だから私はもっと気楽に自由に便利に、良い仕事と快適な生活がしたいんだ。

スポンサードリンク

■バッグの中身シリーズ。通勤時の持ち物-普段仕様。ver.20150403

■0:最近の通勤仕様を公開。

以前、通勤(軽い打ち合せ仕様)をアップしたことがある。
これが更新されているので、再度アップすることにした。
ちなみに、以前のものはこちら。

rikahayu.hatenablog.com

 

■1:それでは早速公開。

それでは早速公開することにする。
 
f:id:rikahayu:20150403074844j:plain
 
こちらが、通勤時の持ち物-普段仕様。ver.20150403だ。

花見。

■天気予報では、今日が花見のラストチャンス!とおっしゃっていた。

 

ちょっと立て込んでいるので、難しそう。

 

でも心に余裕が欲しいから、ひと駅歩いて、道すがらの満開の桜を楽しんだ。

 

マイ花見2015完了。

 

f:id:rikahayu:20150402083056j:plain

■意外と気がつかない、超シンプルで効率的な仕事術の基本。TODOがうまくいくコツ。

■0:前回の記事で、TODOリストの作成をお勧めした。

頭のなかの考えることをすべて書き出し、優先順位をつける。

そうすることで、頭をクリアに、快適にしようというものだ。 

しかし、それでも仕事がうまくいかないんすよ〜と行ってくる後輩がいた。

リストは作っている。ちゃんと見なおしている。

 でもうまくいかないと。 

 

 


基本的な内容は、過去記事を参照。

 その補助的な説明や、

 

rikahayu.hatenablog.com

 補助するアプリも紹介した。

 

rikahayu.hatenablog.com

 

■1:観察。

彼を観察してみようと思った。

がわざわざ観察するまでもなく解決した。

 

その答えはなんだろうと話ていると

「まぁ自分の場合は、頭にリストを描くことで、マルチタスクでこなせるんですけどね。」

というフレーズが出てきたからだ。

まぁ、こなせてないから改善指示出てるんだけどね・・・。

 

結論としては、

・頭のなかにリストがあるだけで、書き出していない。

マルチタスク思考とやらを実践していた。

だけだったのだ。

 

 

■2:頭のなかのタスクリストはゴミも同じ。

頭のなかにタスクリストがあるという方は多いが私は反対派の一人だ。

そんなものは信用しないし、アテにしていない。

優秀だとうぬぼれているわけでも、他人を見下しているわけでもない。

私は自分の脳、性格に言うと無意識は信用していないからだ。

まぁこれは今度あらためて書くとしよう。

 

どんなに優秀な人でも書出す。

いや、優秀な人ほど書き出していると思う。

書き出して、脳の負荷を減らし冷静な状態で、迅速に処理する。

これを超えるものはないと思う。

もちろんそうでない人もいるだろう。そんな天才の話をしているわけではないから。

■3:マルチタスクぅ?

 いまどきいるのかと驚いた。

たしかにそんなトレンドもあった気がしなくもないが、とんと聞かない。

マルチタスクググるだけで、どれだけ批判的な記事が出てくるか!

 

確かにマルチタスク的にこなしている人はいる。

ただそういった人は、頭の切り替えが早いのだ。

一つの工程でまとめて複数を処理しているだけで、結局一度に一つを確実にこなしている。

ただし切り替えが早く次々とこなすから、マルチタスクのようにみえるのだ。

 

あとはジャンル的に複数の職務をこなしたりする場合をそう呼んだりするが、

結局はこれも、一度に一つを確実にこなしている。

 

お風呂で小説を読む!

トイレで携帯を見る!

部長の説教を聞きながら、定時後・週末の計画を立てる!

は、マルチタスクとは言わない。脳を使っているのはどれも1工程だからだ。

 

重要な電話しながら、小説は読めない。

人生設計を考えながら、重要なプレゼンはこなせない。

 

■4:まとめ

切替速度を高速化して、マルチタスクに見える人間を目指すのは良いが、

脳は一度に一つしかこなせない。

この事実を忘れて、余計なことをしていると、周りに溝を開けられてしまうぞ! 

 

前述の彼は、上長にも協力してもらい改善していく事となった。

 

忘れていた。

すっかり忘れていた。今日は4月1日だ。入社式だし、もろもろ忙しい日だ。

そんな時ふとこんなことを考えた。

 

 

世界はこんなにも美しく、醜いものなど存在せず、

 

今日も素敵な幸福で溢れ、地球上は差別や貧困もなく、

 

未来は常に希望をもたらし、世界中の人々が夢を叶え、

 

多様な価値観を共有し合い、世界平和が実現されている。

 

そんな空気を実感しながら飲むコーヒーは、さぞ旨いことだろう。

 

 

そう、今日はエイプリルフール。

 

それでもコーヒーだけは旨い。

f:id:rikahayu:20150401081638j:plain

 

 タリーズのほうが好きだけどw

 

 

■バッグの中身シリーズ。通勤時の持ち物-手ぶら仕様。ver.20150401

 ■0:バックの中身をさらそうと思ったら、そもそも通勤時は手ぶらを基本としているので、さらせなかった。

 

と書いてから、はや8ヶ月。

 

意外と持ち物が変わっていたので、その手ぶらで会社に向かうときの荷物を書くよの第二弾。

 ちなみに、以前の記事はこちら。

rikahayu.hatenablog.com

 

■1:ではさっそく、今の荷物を紹介。

 

f:id:rikahayu:20150401063129j:plain

概ね以上になります。

 


・腕時計
・財布 → マネークリップに。
・鍵やらを束ねたカラビナ
・セキュリティーカードやなんやらをまとめたもの。
・ボールペン。
+ iphone5s(この写真を撮っているからかけない。)
+ 会社支給の携帯。
以上が、私の通勤時の持ち物-手ぶら仕様。ver.20150401でございます。
 
 iPad airはすっかり自宅用となり、持ち歩くことはなくなりました。
メインで使っている、MacBook airを持つときもありますが、
この形はまた後日にでも。
 

ボールペン。

 常用のボールペンは、パイロット コクーン 油性ボールペンのシルバーです。 

 これは変わらず。

 実は初代を紛失してしまい、二代目になっております。

 書き心地がよい割に、値段はリーズナブルです。

 相変わらず、替芯の残量が見えないのが、一点だけ気になる所ですかね。

 

腕時計

 グランドセイコーのスプリングドライブのもの。変わらず。いいですよ〜。


財布

 キプリスのオイルシェルコードバンの二つ折りを使っておりましたが、
 更にマネークリップにお札とカードをはさみ、より軽量化しました。
 小銭は、ポケットにダイレクトインです。
 
 本当は財布を買い替え、長財布に戻したので、ポケットに入れずらくて、
 手ぶら時はマネークリップ(以前旅行の時買ったもの)を引っ張りだした次第です。
 でも意外と快適で、そのまま使っています!
 ※日本円を挟んだ写真は抵抗あって、残っていたカナダドルで、失礼します^^;

・鍵やらを束ねたカラビナ
 高城剛さんの本を読んで、まねしてみた。忘れることも落とすこともなくなって、超快適!
 家の鍵、セキュリティキー、LEDライトをつけています。 
 進化した点としてはマルチツールもどきが減りました。
 というか、取れて無くしました^^;
 近日中に買い直すかどうか検討。
 持ち歩いて一年で使ったのが1回だけなので・・・。
 
 


2代目 セキュリティーカードやなんやらをまとめたもの。ピンクの塊。

 初代が避けてしまってお亡くなりになり、同じものを探したのですが、

 どこもかしこも品切れ。仕方なく今のものに経過措置として移行しております。 
 名刺にお守り、スイカカード、スタバとタリーズのカード、セキュリティカード、 
 名刺数枚と秘密のお金が入っております。 
 なんか前より一回り大きくなってしまったんですが持った感じがちょうどよくそのまま使っております。  
 減ったものは、緊急メモ用の小さいノートでしょうか?  
 

 ■2:まとめ

以上が、手ぶら仕様 ver.20150401です。

カードケースがきっとミニマリストやシンプリストの方には不評かもしれませんが、

快適最小限を目標とした私には、これがちょうどいいんですよ^^

 

それではまた、半年くらいしたら、経過をご報告しますね!

■簡単なのに、メール作成時間が半分以下になるメール術:前編 これは目からウロコ?

■0:メール作成の時間は結構長い。

 一日メールを何通処理するだろうか?

10通?20通?

50通を超える人もいるだろう。

もっと多い人は100通超えてしまうかもしれない。 

 

一通5分で返信するとして、50通で250分。この時点で四時間。

もう嫌になるね。

100通超えは計算しないでおこう。

しかし、今の社会は多くの時間をメール対応に取られていることは間違いない。 

続きを読む

■元でゼロで明日から始められる、三段空母式振り分け仕事術。意外と知らなかった、作業の進め方のコツ。

■1:TODOには欠点が

 以前、TODOの書き方とその運用についてをかきましたが、

TODOはかなり優秀で、その効果は絶大です。

 

 

 

ただ、実はTODOにも問題があります。

それは、過去にも話しましたが入れ替えの手間がすごい、という点と、

頻繁に入ってくるちょっとした用事や、

状況の変化によるプライオリティの変化に対応する必要があるということです。

続きを読む