読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わーずわーすのう。

世界は今日も素敵で、未来はきっと明るいはず。だから私はもっと気楽に自由に便利に、良い仕事と快適な生活がしたいんだ。

スポンサードリンク

神にも間違いはある。だが、オレが『努力しなくていい』って事にはならない。

買う。 雑記
※本記事は本当に悪意はありませんので、ご容赦。
 
地滑り的タスク崩壊から2週間ちょい。
おおよその玉突き事故が完了した。
 
通常、挽回にここまでかかることはないが、期末、新入社員時期に重なり、
自分でも初めてなくらい、玉突き事故が重なり、回復に手間取った。
 
でも、周りのスタッフのおかげもあって、本日おおよその目処は立った。
多謝。
もちろん追加の地雷は炸裂しているが、これは順調の範囲。
 
昔のブログにも書いたが、
問題はタイミングよく順調に発生してくれればいいのだ。
それを乗り越える過程で、改善のきっかけや成長の糧になる。
 
さて、そろそろブログを再開しようと思った矢先、珍事を見つけた。
 
 
私には、尊敬する神がいる。
彼は多数のファンを抱え、知名度も高い。
 
神のブログを初めて見た時、感動のあまり、朝までぶっ徹しで過去記事を見漁った。
当時の自分の状況から様々な感銘を受け、シンプルな生活を志した。
神に憧れ、おすすめの商品もそれなりに購入したw
今でも、過去記事を何度も読み返すことがよくある。
PVにも相当貢献したはず。
 
とはいえまぁ、ブログを拝見するだけで、特に何もしないし、
お賽銭代わりにアマゾンリンクをポチるくらいだけど。
 
その神がこちら。
 

 

はぴらき合理化幻想 様

詳しくは↑の記事を見てほしい。

 

この神の突き抜け方は尋常ではない。

まるで唯一にして絶対神のような勢い。

真似できるところは正直ほとんど無いくらい。

 

ほかにも全く物を持たない神々ともいえる方はあまたいるが、

面白く記事を読ませつつ、自身をまるで変態かのように書き、

時に周りをあざ笑うかのような余裕すら感じさせるところが、ツボった。

 

地滑り真っ最中でも、22時間労働のあとでも、ロードバイク後の怒涛の睡魔の中でも、

このブログだけはこっそり見ている。

 

どんなに厳しくとも神は常に平常運転でおられ、

俗世間の些事に頭を悩ませている自分に、一時の心の安らぎをあたえてている。

 

しかし、神にも間違いはある。

弘法にも筆の誤りかもしれない。

それがこちら。

 

 

いつもの様に記事を見ていた時、

得も言われぬ不安感に襲われた。

・・・なんだろう、この違和感は・・・。

・・・疲れているのか、それとも眠いのか・・・。

何か、書類やプロジェクトで、おもわぬミスを見つけた時のような違和感が消えない・・・。

 

しばらく眺めて、その謎が溶けた。

ーーー以下引用ーーー 

1Lあたり0.18円で浄水できる計算

購入時の価格とフィルターの浄水能力に基いて1L当たりの浄水の値段を計算すると次のとおり。

  • 2L × 182日分 = 364L
  • 364L ÷ 2027円 ≒ 0.18円

1Lあたり概算で0.18円、2Lだと0.36円。仮に、2Lのドリンキングウォーターが格安の50円で売られていたとしても、クリンスイはその1%の値段に満たない。水道代を計算に入れても圧倒的に安いことには変わりない。

 ーーーここまでーーー

 

皆さんお気づきだろうか?

 

1Lあたり、約0.18円と脅威の値段を紹介しているのだが、この部分に問題がある。

 

そう、

  • 364L ÷ 2027円 ≒ 0.18円

ではなく、

  • 2027円 ÷ 364L ≒ 5.57円

ではないのだろうか?

いや俺が間違っているのか?

間違っているとしたら、毎月丸めているこの頭を、まだ丸める日には5日ほど早いが、また丸めるくらいの覚悟はある。

まさに、神にも間違いはある瞬間を感じ、嬉しさも感じたが、まだ違和感が消えない。

 

 

もしかして、わざと間違えてこういう記事を書かせ、拡散させるためではないのか・・・。

 

 

ありえる。

この神ならあり得る。

そう思った時、ふと違和感が消えた。

所詮、お釈迦様の手のひらで自分の力をこぶしていた孫悟空にも似た恥ずかしさがあった。

だが悔しくはない。むしろ清々している。

あぁ、この神はやはり桁違いだと。

浅はかな自分がちょっと恥ずかしい。 

 

早速、お賽銭代わりに、オススメのクリンスイポット型浄水器をポチらせていただいた。

なにせこの浄水器は、神のブログに何度も登場する逸品なのだから。

 

 

 

改めて、はぴらき氏のブログを読み返し、今日も一日を終える。

 

うんやっぱ、面白いわw

 

今、3月のライオンの名言が、頭のなかに静かにリフレインしている。

  

「天才」と呼ばれる人間のごたぶんにもれず、サボらない。

どんなに登りつめても決してゆるまず自分を過信する事がない。

だから差は縮まらない。どこまで行っても。

しかし 『縮まらないから』といって、それがオレが進まない理由にはならん。

『抜けない事があきらか』だからって

オレが『努力しなくていい』って事にはならない

 

そうだ、いくら神が偉大でも、自分が努力を怠る理由にはならないのだ。

明日(今日?)もまた、快適ライフを目指して、一歩ずつ頑張ろうと思った。

3月のライオン (1) (ジェッツコミックス)

3月のライオン (1) (ジェッツコミックス)